モッコウバラの花言葉『幼いころの幸せな時間』をGoogle mapで探す

as-a-child-0

こんにちは、ヨカです。

今日はモッコウバラの花言葉のひとつ

『幼いころの幸せな時間』について。

モッコウバラをシンボルツリーにするという選択【15年経過】

2019年4月28日

モッコウバラの咲き誇る黄色い花は、

幼き頃の幸せな風景や感情を表しているのでしょうか。

毎日が楽しくてしょうがなかった日々。

日々の生活で悩みを抱えている方は、

幼いころの記憶を辿ってみるのも良いかもしれません。

幼いころの記憶自体があまり思い出せない。

覚えているのは幸せな時間よりも辛い時間のほうかも。。。

そんな方へ

  1. モッコウバラの花言葉『幼いころの幸せな時間』をGoogle mapで探す
  2. 辛い時間の記憶は今の生き苦しさを解決するヒントかもしれない

ふと現実逃避したくなったら、試してみてください。

1.モッコウバラの花言葉『幼いころの幸せな時間』をGoogle mapで探す

as-a-child-1

日々の悩みが辛くて、現実逃避したくなったら、

幼い頃の幸せな時間をGoogle mapで辿ってみよう。

大人になるといつの間にか

  • 起きてもいない頃をあれこれ考えてしまう
  • 起きてしまった過去をいつまでも引きずる
  • なかなかはじめの一歩を踏み出せない

ずいぶん憶病になったように思います。

いろいろな経験をしたことによって生み出される感情ですね。

つくづく、

無知は最強

と思います。

幼いころは

明日がどうとか、何年後がどうとか

考える暇もないほど、だだ純粋にその一日一日を楽しんでしましたよね。

生きづらさを感じる現在と比べると、

悩みのなかった日々

それこそが『幼い頃の幸せ時間』だったのかもしれません。

幼い頃の記憶を辿って、その場所を訪れてみましょう。

そこには、ただ純粋に一日一日を楽しんでいた自分がいるはずです。

疑似的ですが、

当時と同じ感覚を感じることで、

前向きな感情がよみがえってくるかもしれません。

もし、気軽に行けないほど、遠くで生活している人には

Google map がオススメです。

実際に場所に行けなくても、

当時を思い起こしながら、ストリートビューで辿ってみると、

当時の出来事がよみがえってくるはずです。

2.辛い時間の記憶は今の生き苦しさを解決するヒントかもしれない

今感じているその悩み

例えば、

  • 人前で話すのが苦手
  • 自分の意見が言えない

その悩みはいつから感じるようになりましたか?

もしかすると、過去の出来事がきっかけで、

その感情が強く残り、今の生きづらい感傷を生み出しているのかもしれません。

始めてその感覚を覚えた出来事がありませんでしたか?

そう、記憶に強く残っている辛い時間です

その感情を乗越えない限り、今の生きづらさが解消することはありません。

つまり、辛い記憶を乗越える経験をするしかありません。

上の例でいうと

  • 人前で話せなかった記憶→とにかく人前で話して乗越える
  • 自分の意見が言えない記憶→意見を言って乗越える

辛い記憶を乗越えた経験で塗り替えれば、

きっと今の生きづらさは改善するはずです。

まとめ

記事のまとめ

  • モッコウバラの花言葉『幼い頃の幸せな記憶』
  • 『幼い頃の幸せな記憶』とは悩みのなかった日々
  • 『幼い頃の幸せな記憶』をGoogle mapで辿ってみる
  • 辛い記憶を塗り替えれば、生きづらさは改善する

幼い頃の幸せな記憶

Google mapを見て、行ってみたくなったら週末に実際に訪れるのもありです。

より鮮明に思い出すと同時に、きっと良い週末のリフレッシュになるはずです。

それではまた。