朝のインスタントコーヒーを美味しくする方法

こんにちは、ヨカです。

朝は一杯の美味しいコーヒーから一日をスタートしたいですよね。

  • でも、忙しい平日の朝にマシンやドリップはちょっと手間・・・
  • 手軽なインスタントにしてみたものの
  • ドリップに比べると、粉っぽい・・・

仕方ないかなと、平日の朝はインスタントコーヒーで我慢していませんか?

そんなあなたへ、道具いらず、いつもの手順に一手間加えて、簡単に美味しくする方法をご紹介します。

  1. お湯が沸いたら、カップをあたためる
  2. コーヒーを少量の水で練る
  3. 140mlのお湯を注ぐ

美味しい一杯で、気持ち良く一日をスタートしましょう。

スポンサードサーチ

1.お湯が沸いたら、カップをあたためる

沸騰したお湯をカップに入れ、数秒したらお湯を捨てます。

コーヒーを淹れるのに適正なお湯の温度は80~90度。

これより高いと苦味が、低いと酸味が増します。

同じコーヒーなのに苦味や酸味に違いを感じるのは、淹れるときのお湯の温度が関係していたのですね。

カップを予熱することで、

  • お湯を注いだ時の温度変化が少なく
  • 適正温度や好みの温度に調整しやすくなります

オーブンの予熱と似てますね。

2.少量の水で練る

温めたカップにティースプーン一杯(2g)のコーヒーを入れます。

そこに少量の水を入れて、スプーンで練ります。

いわゆる水練りというやつす。

実はコーヒー豆にはでんぷんが含まれているので、インスタントコーヒーの粉に直接お湯をかけると、片栗粉と同じようにダマ出来ちゃうんです。

このダマが舌の上で粉っぽさを感じる原因となっていたのです。

片栗粉と同じように水溶きすることで、ダマを防ぎます。

3.140mlのお湯を注ぐ

カップの予熱と水練りしてる間に、沸騰したお湯も落ち着いてると思います。

水溶きしたコーヒーに落ち着いたお湯140mlのお湯を注ぎます。

これで粉っぽさのない、舌ざわりがなめらかなコーヒーの完成です。

お湯の量ですが、まずは基本に忠実がセオリーですよ。

いつものカップに計量カップを使い、140ml注いだときの位置を見ておくといいですよ。

そこを基本に濃くしたり、薄くしたり、自分の好みにアレンジしましょう。

4.お気に入りのカップで

最後にコーヒーを見た目も楽しみたいなら、クリアマグがオススメという話を。

クリアマグなら側面からコーヒークレマの層を楽しむことができます。

クレマとはイタリア語でクリームの意味、エスプレッソの表面に浮かんでいる泡のことです。ラテアートの泡とは別物で、コーヒー豆に含まれる油分とたんぱく質由来の泡です。

エスプレッソをインスタントコーヒーで作る方法は別の機会に。

以上です。